2007年04月17日

自力で生きられない場合

赤ちゃんのときに自力で生きられない生物はあまりいない。
卵から返ったばかりの稚魚も自力で泳いで生きられる。

対して赤ちゃんのときに自力で生きられない生物の代表にヒトがある。
ヒトの赤ちゃんは自力で生きられない代わりに、可愛いらしさを身につけ、親などが世話をしたくなるようにできている。という説がある。
(ホントにそうかどうか? は一概に言えない気はするが…)

では死ぬ前はどうだろうか?
赤ちゃんと同じで自分では何もできず、誰かの介護を必要とする時期がある。
この時期、ヒトは赤ちゃんのような可愛さを備えているだろうか?
生物の遺伝性質は老人になると自動的にチャーミングに変わるような老化プログラムを組み込んでいるだろうか?



posted by aji at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3763176

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
最近のコメント
4月になって、変わったこと? by 大歓迎w (03/26)
4月になって、変わったこと? by こんにちわぁ (01/04)
4月になって、変わったこと? by オッケー☆ (08/18)
4月になって、変わったこと? by ヒミツ★なこと (03/25)
4月になって、変わったこと? by 性欲旺盛娘 (03/05)